【 新型ジムニー発売 】10万円の値上がり!安全装備は“より”充実に 【 自動車ニュース 】

新型ジムニーは4月11日から発売開始!

 スズキは、軽四輪駆動車「ジムニー」と小型四輪駆動車「ジムニー シエラ」が一部仕様変更して、2024年4月11から発売を開始する。

 変更点として、リアバンパー内に「リアパーキングセンサー」を新たに装着。内容としては4つのセンサーを装着し、後退時、障害物の距離に応じて、4段階のブザー音とメーターでドライバーに警告を知らせるものだ。この変更は、国土交通省が2021年6月、法改正した車両保安基準に対応するもの。
 
 販売価格は、4.7%から5.3%の値上げの予定だ。例えば、ジムニーのベースグレード「XG」の3型は155万5400円から、新型となる4型は165万5400円と10万円の値上がりとなる。今回の値上がりについてスズキは「仕様変更と原材料高騰」と発表している。 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です